株式会社高砂建設の川口支店のスタッフのブログです。
by takasago02
LINKS
カテゴリ
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
最新のコメント
最新のトラックバック
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 03月 05日 ( 2 )

無垢床との向き合い方 〜川口モデルより〜
こんにちは、中山です。

無垢床の風合いっていいですよね。
でも特徴を理解していないと、
こんなはずじゃなかった。
と後悔することもあります。

キズもつきます。
隙間も開きます。
色も日焼けして変色します。

肌触りや風合いは
カラーフロアでは実現できない良さがあります。

採用するかどうか・・・
お手入れはどうしたら良いのか・・・
難しく考えないでくださいね。

どう向き合うのが良いのか?
ナカヤマンにご相談ください。
木の特徴について色々とお話をいたします。

続く・・・

↓こちらもご参考に↓
 無垢床のお手入れ
↓木が好きな方はこちらもどうぞ↓
  未晒し蜜ろう
  修復
  木を語る
  室井大工


by takasago02 | 2017-03-05 20:18 | スタッフダイアリー
防災備蓄が必要な理由
こんにちは、川口支店のそめやです。

4/8(土)は、川口モデルハウスで防災アドバイザー・岡部梨恵子さんを講師に迎え
「家族を守る防災備蓄術」と題してセミナーを開催いたします。
話題の防災食・パッククッキング(ポリ袋調理)も実演いただきますよ。
 詳細はこちら⇒★ご予約お待ちしております。
f0144724_19221931.jpg


防災備蓄の必要性、3.11東日本大震災の経験から
首都圏にお住まいでも感じている方も多いのではないでしょうか。
燃料不足の影響による交通や流通の麻痺もあり、
普段利用しているスーパーマーケットから商品が消え、
停電で店が営業できない時間帯があったり、今日・明日食べる物が買えない!
そんな状況がしばらく続きましたよね。

わたくし、たかさごに転職する以前は、
小売業(スーパーマーケットチェーン)の本社に10年以上勤めておりました。
現場(売場)経験がほとんどないので、商いはド素人ですが。

3.11のときは、都内にある本社の会議室で大地震に遭遇し、帰宅困難者⇒会社に宿泊。
地震のあった日から数日は、通勤経路が無くなり自宅待機、
その後しばらくは店舗が混乱状態だったためレジや品出しのために
本社スタッフも総出で店舗応援に何度も行ってました。
スーパーって電気・ガス・水道のようなライフラインなんだな、と
改めて、存在意義や使命を実感したのを覚えています。


さて、欠品状態が続いた震災当時、お客様から
「後ろ(倉庫)にまだいっぱいあんだろ?商品出してくれよ!」
と何度も言われ、その度に頭を下げました。
よく誤解される方がいらっしゃるのですが、
スーパーマーケットのバックヤードにはたくさんの在庫があると思われている方が多いように思います。
でも実際は、食品廃棄やスペースの問題(特に都心の狭小店舗はバックヤード自体がほとんどありません)や、
特売日以外でも毎日低価格で商品を提供するため、徹底的なコストダウンをしており、
適正在庫を維持しなければならず、過剰に在庫を持たない・持てない傾向にあるように思います。

地震直後は、多くの人が心理的にも混乱状態にあり、
危機意識から、商品の買い占めに走る傾向があります。
お店は必死に商品調達を行い、可能な限り営業しようとしますが、
東日本大震災のように燃料不足や物流面での混乱などが重なれば
一定期間は、店から商品が消えるのはある意味当然。
だからこそ、非常時は数日分の食料は自分で確保する必要があるのです。

そしてもうひとつ、震災後の混乱時に商品を買うと、
妙に高かった気がしませんか?
普段は特売品しか買わないようなトイレットペーパーが定価なんて・・・・
それでも背に腹は変えられません。商品を売ってくれるなら買うしかないのですよ。。

そんな観点からみても、防災備蓄は、普段から取り組んでおくのが正解ですよね。
岡部さんが発信していることって、ホントに生活者の視点で語られ、現実的なもの。

私自身も、「あの日のこと」としての記憶が鮮明なうちに、
学びたいな、と思います。

こちらものブログもぜひ>>
防災食・パッククッキングをご存知ですか?




by takasago02 | 2017-03-05 10:10 | イベント