株式会社高砂建設の川口支店のスタッフのブログです。
by takasago02
LINKS
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
最新のコメント
最新のトラックバック
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2016年 09月 23日 ( 3 )

独り言
こんにちは、中山です。

家づくりでよく議論される、
充填断熱と外断熱の比較、
繊維系断熱材とウレタン系断熱材の比較、

でも、もうこんなレベルの低い話を議論している場合ではないのではと思うところ。

旧住宅金融公庫の基準が設けられてからかなりの年数が経ちますが、
例えば当時の繊維系断熱材は50K。
時代とともに、省エネ基準が変わり断熱材は100Kと徐々に厚くなりました。
しかし根本的なことはあまり解決されていない。
それは気密と断熱の両方を満たすこと。

ほんの少しの隙間があれば結露が起きる・・・
見えない構造材が知らないうちに劣化していくというは解体して
初めてきがつくこと。

壁厚10~12センチの間には
配線や筋交いアンカーボルト
天井には電気配線が蜘蛛の糸のように張り巡らせてあります。

壁の中に充填する断熱方法では
どんなに丁寧な業者が行っても断熱と気密の両方を満たすのは限界がある。

お粗末な施工では、せっかくの断熱材の効果は不十分になるのは
言うまでもありません。

そんな中、断熱材だけ目を向けると、
数値が高いほど良くなったと勘違いしてしまう。
壁内の複雑な構造の違いや工事の施工精度などは何も考慮されてはいません。
断熱材の情報を元に机上で計算するというところに問題がある。

ドイツでは外断熱が主流です。
繊維系の断熱だけでなく、木質系、ウレタンなども使わています。

そもそも壁の厚みは30センチを超える。
日本の家づくりに比べ壁の厚みは倍以上。
断熱と気密の両方を考えて施工がなされている。

ドイツと日本の住環境の違いもありますが、
家の考え方として、長持ちさせる、家を腐らせない、健康に配慮がなされている・・・
住まいに関する厳しい規制がなされているのが現実。

木をみて森を見ず・・・
断熱材の議論の前に住まいのあり方をもう少し考えてみるべきではないでしょうか。

独り言です。

*****************************************
高砂建設 川口支店 中山
048-266-5511
中山宛のメールはこちら
家づくりをこれから考えたい方もお気軽に。
モデルのご案内やローンのご相談も受付しております。
*****************************************


by takasago02 | 2016-09-23 21:25 | スタッフダイアリー
戸田市新曽Kさま邸 ≪現場の様子≫
こんにちは、中山です。

川口市芝富士から近い戸田市新曽Kさまのお家へ移動・・・
こちらの現場もだいぶ進んできました。

外は、ラス網の施工が完了しました。
あたたかみのある塗り壁が特徴のお家になります。
f0144724_19244087.jpg
室内は星大工がTVボード制作しておりました。
f0144724_19260711.jpg
f0144724_19264899.jpg
小屋裏にあがると、あれ?
最初は縦格子にしていたはずなのに・・・

そこで山野監督に電話をした。
変更したんですか?

「そうなんですよ・・・色々と打合せして変更したんです」
2階の吹き抜けに縦格子を採用することになったようです。

最初よりもいい感じなった。

監督および星大工色々とありがとうございます。
出来上がりが楽しみです。

*****************************************
高砂建設 川口支店 中山
048-266-5511
中山宛のメールはこちら
家づくりをこれから考えたい方もお気軽に。
モデルのご案内やローンのご相談も受付しております。
*****************************************


by takasago02 | 2016-09-23 19:31 | スタッフダイアリー
☆9月25日(日)/週末は完成見学会☆
こんにちは、中山です。

今日は週末の9月25(日)に見学会を行う現場の状況を見に来ました。
16時くらいに到着。
すると施主のOさまとお会いました。

週末見学会を行いますがよろしくお願いします。
すると、Oさまが駐車場所を色々と教えてくれました。
Oさまありがとうございます。

さてその会場は川口市芝富士。
※隣では土地の販売会も行います。

14畳の小屋裏スペースがある、
ホームエレベーター付きのお家です。

延べ床面積は30坪と比較的みなさんが考えたい現実的な広さ。
2階にリビングを設けているというのも特徴です。

将来過ごすのに足腰に不安がある・・・
限られた敷地の中で、いかに明るく快適に過ごせるか・・・
木のぬくもりを感じたい・・・
そんなかたにはオススメのお家です。

床はヒノキの上小節をつかっています。
f0144724_18464045.jpg
駐車場スペースに限りもあり、混雑の際にお待ちすることもあるので、
ご覧になりたい方は事前にご予約を頂けるとありがたいです。

↓ご予約はこちら↓
川口市芝富士完成見学会
蕨駅から徒歩15分の場所。

*****************************************
高砂建設 川口支店 中山
048-266-5511
中山宛のメールはこちら
家づくりをこれから考えたい方もお気軽に。
モデルのご案内やローンのご相談も受付しております。
*****************************************


by takasago02 | 2016-09-23 18:59 | スタッフダイアリー