株式会社高砂建設の川口支店のスタッフのブログです。
by takasago02
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
LINKS
カテゴリ
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
最新のコメント
最新のトラックバック
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
★畳数表示と家の関係★
f0144724_22472403.jpg
こんにちは中山です。

先日、某大手空調メーカーに、
エアコンを選ぶ際の畳数表示について
どういう家の性能を基準に算出されているのか聞いてみた。

驚くなかれ!
築30年以上前の無断熱の家だという。

気になるので調べてみると、
1964年に制定されてから一度も変わっていないらしい。

多くの方は畳数を目安に選んでいるはず。

捉え方を変えると、
家の性能が良い場合、
この考え方で選んでしまうと、
過大な能力のエアコンが設置されている可能性が考えられる。

反対に断熱が低い家では
従来の考え方に近い選び方になるかも知れません。

冷房は日射条件によっても変わるし、
暖房は断熱気密性能によって異なる。

エアコン1台で家中を賄えるというのは
特に驚く話ではなく、
断熱・気密が高ければ良くなって当然。

エアコンの性能が飛躍的に進化する一方、
家の性能に対する意識は追いついていない証拠かも。
快適性を求める割には家の器のことより設備を最優先してしまう現実がある。

「省エネのため夏の室内は28度に・・・」
と温度設定しても、なかなか冷えないとき、
さらに温度を低くしたり、風量を強くするなどしますよね。
そこで起きるのは、身体や足の冷え。

新たに家を考える際に
「クーラーの風は嫌だ・・・」
と悩ましい声が聞かれたりします。

また「夏は電気代が高くなるのよね」と呟くのは、
エアコンが効きにくい環境でガンガン冷やそうとするから。
最新型の高効率エアコンも無駄に稼働している。

28度を基準に快適性を保つにはどういう家が必要か?
エアコンありきで考えるべきではないのでは・・・

そもそも30年以上前の基準で機種を選ぶこと
自体に大きなギャップがある。

家の断熱と気密を理解し温度ムラの起きにくい環境を
つくってあげることで、これらの悩みの種も
解決につながるのではないでしょうか。

エアコンの畳数表示と家の性能との関係・・・
どうお考えになりますか。

↓こちらもどうぞ↓


by takasago02 | 2018-06-23 18:10 | スタッフダイアリー
<< ★涼みのひと時★ ★到着★ >>