株式会社高砂建設の川口支店のスタッフのブログです。
by takasago02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
LINKS
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
最新のコメント
最新のトラックバック
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
意外に知られていないC値の重要性!
f0144724_20195575.jpg
意外に知られていないC値の重要性をご存知ですか?

2015年4月に改定省エネ基準が完全施工され、
断熱性能はもとより、一次消費エネルギー消費量も
省エネの物差しとして評価されるようになりました。

2020年までには、
すべての新築住宅、建築物が新基準にて
適応義務化になるわけですが、
最近は一般ユーザーの方々の住宅性能に関する意識が
かなり高まってきているように感じます。

そんな中、気にしてもらいたいのがC値!

今も昔も変わらない、断熱性能が机上で計算されやすいところ。
きちんと施工されてこそ、その性能が十分に発揮されることだと思いませんか?

実はその施工という部分において
C値という数値は、施工精度に大きな役割を担っているんです。

たった数ミリの隙間があることで、計画換気にも影響したりします。
さらに、その隙間が影響で結露などにもつながってしまう可能性もあるんです。

例えば、どんなに性能の良いサッシを採用しても、
それらを取り付けるのは、大工さんの仕事。
下地の施工そのものが悪ければ、隙間は出ますよね。

裏では、職人さんが現場で気密や施工に対しシビアに向き合っているんです。
現場に出向くと、施工について大工さんが色々と話してくれたりします。

C値を測定しない会社もありますが、それが良い悪いはともかく、
大切なのは、どこまで、空気環境、結露対策、断熱性能に関して
職人さんたちも含めシビアに現場と向き合って施工しているかどうかだと思います。

そしてもうひとつ気がついてもらいたいこと。
気密などを意識して、施工を進めるのと
そうでないとでは、明らかに精度に違いが現れくる点。
気密施工は、そんなに甘くはないということです。

少しくどくなりますが、
分かっている大工さんは意識して施工しています。

C値は施工精度を見極める上で、
ひとつの裏づけにすぎません。
だから測定を行うのはごく自然なこと。

もし測定を嫌がるとしたら
気密施工の重要性をどこまで考えているのか少し疑問です。

高気密、高断熱を検討するなら、
施工中の現場を必ず見ておくべきだと思います。

違いがはっきりと見えてきます。

C値と施工精度の関係、みなさんはどうお考えになりますか?
続く・・・

高砂建設 川口支店 中山
現場
埼玉 東京 注文住宅 外断熱 ソーラーサーキットの家 renSE構法 リフォーム 西川材 宿泊体験 体感モデルハウス




by takasago02 | 2016-03-24 20:20 | スタッフダイアリー
<< これからタイル仕上げ! 真っ白いお家!足場が取れました。 >>