株式会社高砂建設の川口支店のスタッフのブログです。
by takasago02
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
LINKS
カテゴリ
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
最新のコメント
最新のトラックバック
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
新聞記事
だいたい


こんなにニュース番組が


バラエティ化されて


同じことを何度も繰り返して放送されれば


新聞の大きな記事の内容は


読む前からだいたいわかっている。





それでも




スズキが新聞を読む理由は


小さい記事に


「ハッ!!」



と、することが多いからだ。




主に新聞記事は


大きな見出しの記事よりも


小さな記事に注意すべきなのである。




先日、そういう小さい記事で


頭から離れない文章があったので


紹介する。




読売新聞だ。




◆記事引用◆


芝居が始まったのに、その少女は客席の最前列で頭を垂れ、居眠りをしている。

「屋根の上のヴァイオリン弾き」九州公演でのことである。

 森繁久弥さんをはじめ俳優たちは面白くない。

起こせ、起こせ…。そばで演技をするとき、一同は床を音高く踏み鳴らしたが、

ついに目を覚まさなかった

 アンコールの幕があがり、少女は初めて顔を上げた。

両目が閉じられていた。

居眠りと見えたのは、盲目の人が全神経を耳に集め、芝居を心眼に映そうとする姿であったと知る。

心ない仕打ちを恥じ、森繁さんは舞台の上で泣いたという。

 享年96、森繁さんの訃報(ふほう)に接し、生前の回想談を思い起こしている。

誰ひとり退屈させてなるものか、という生涯枯れることのなかった役者魂と、

情にもろい心と――森繁久弥という希代の演技者がその光景に凝縮されているように思えてならない。

 映画、舞台、テレビと、巨大な山脈をなす芸歴のなかで、

盲目の少女との挿話は山すそに咲いた一輪の露草にすぎまい。

山脈の威容は、語るべき人たちが語ってくれよう。

いまは小さな青い花の記憶を胸に映し、亡き人への献花とする。





森繁久弥さんという役者さんの事は

あまり知らないが(凄い文化人ということは報道から理解できるが)

この記事が

頭から離れない・・・・。





高砂建設 営業部   鈴木裕之


株式会社 高砂建設
長期優良住宅 先導的モデル事業  200年住宅
ソーラーサーキットの家 重量木骨の家 


by takasago02 | 2009-11-13 13:18 | スタッフダイアリー
<< ついに・・・病院へ あの日から、この苦しみが始まっ... >>