株式会社高砂建設の川口支店のスタッフのブログです。
by takasago02
LINKS
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
最新のコメント
最新のトラックバック
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2017年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

駅のソバのそば屋
こんにちは、
立ち食いそば屋で大盛りを頼んだら、
でかい器で出てきて困った中山です。

器の大きさが自分だけ違う・・・
正直浮いている。

隣で食べていたお客さんが横でジロジロ・・・
恥ずかしい。

初めて入ったそば屋・・・
並みでも大盛りだったようだ。
品川駅のすぐソバ・・・

でも完食です。

しかし・・・
13時から品川で行われたゼッチの説明会・・

食べ過ぎて、きつかった。


by takasago02 | 2017-01-30 19:49 | スタッフダイアリー
今年もあいつがやってきた。
こんにちは、川口支店のそめやです。

昨日、日中はいつもより暖かくて、うれしー♪と思っていたら、
何かを察知しました。

☆≡(>。<)くしゅんっ!

今年もあいつが・・・
そう、花粉症の季節がやってきた!

f0144724_17571215.jpg
というわけで、メガネ、アイボン、マスクを用意。

洗濯物を外に干せないし、憂鬱な季節のはじまりです。
| ̄ω ̄、|グスン モウヤダー

仕事中は、私の代わりに家がマスクしてくれているらしいので
モデルハウスの中にさえいれば、マスク無しで全然OKなのが救いです。

それ以外は、しっかりガード!
がんばろう、乗り切ろう・・!

マドアケルナー(((\( ̄ー ̄)/))) カフン バリアー


by takasago02 | 2017-01-29 18:11 | 一戸建てを愉しむ家しごと。
耐震リフォーム、助成金・・・
こんにちは、中山です。

旧耐震基準の家・・・
以前よりも対策の動きが高まったように思います。
度重なる震災に対しシビアになったのかもしれません。

旧耐震基準・・・
1981年(昭和56年)以前の建物を示します。
この年代の家を境に、耐震に対する考え方が大きく変わりました。

一番大きな影響を受けたのは
1995年1月17日に起きた阪神淡路大震災・・・
22年と10日が過ぎました。

そんな中、住まいに対する国の取り組み。
現在助成金を出して改善を促している。

乱暴な言い方をしてしまうと、
「危ないから早く建替えてるか、耐震補強をしてください」という警告!

もう少し掘り下げ、言葉を変えると、
「耐震に関する考え方が間違っていた」早く改善してくれ!

これが今の実態ではないでしょうか。

しかし長年住んだ家をそう簡単に壊したくないという想い当然にありますよね。
高砂では新築でもリフォームでも、双方の立場にたってお応えしております。
気軽にお問合せ下さい。

たかさごのリフォームもどうぞ。
↓こちらもご覧ください↓
  リフォーム


by takasago02 | 2017-01-28 19:55 | スタッフダイアリー
新春の集い
f0144724_22123432.jpg
f0144724_22125715.jpg
f0144724_22131458.jpg
f0144724_22133693.jpg
f0144724_22143244.jpg
f0144724_22145660.jpg
f0144724_22174335.jpg
f0144724_22180623.jpg


by takasago02 | 2017-01-27 22:15 | スタッフダイアリー
ラベリングがもたらすもの
こんにちは川口支店のそめやです。

先日、事務所のテプラカートリッジの収納をプチ引越しした件、
ブログにしたからでしょうか、“テプラ ステーション”を使う人が若干増えました(笑)。
 ⇒ブログ記事:片付け中

そんなわけで、今日はラベリングの話。

整理収納といえばラベリング、
モノの場所を示すことが主な役割で、
収納ケースや扉などに貼り付けるのは今や常識ですね。
f0144724_19275510.jpg
細かく言えば、モノに関わるすべての人が
・モノのある場所がわかる
・モノを使ったあと、戻す場所がわかる
・モノが無いこと(無くなったこと)がわかる
というのが望ましく、定位置化を図ったり、
重複買いや在庫切れを防ぐなど、多くのメリットをもたらしてくれますよね。

私はこんな使い方もしています。
たとえば電源タップ(延長コード)。
f0144724_18464317.jpg
収納方法は、簡単に結んでひとまとめにして
プラケースに投げ込み収納にしているのですが、
長さの違うコードが混在していると、
使いたい時は、結んであるコードを解かないと欲しい長さのモノが見つからない。
勘がはずれたらイライラ。
そして、せっかく片付けたのに、ケースの中で解かれたままにされたら
片付けた人(←私)にとってもイライラかなぁと。

f0144724_18440412.jpg
そんなわけで、コードの長さをラベリングするようにしてみました。
さて、好みの長さのコードをちゃんと見つけてくれるでしょうか・・?

そしてこちらも。
ダンボールや雑誌などを処分するときに、ひとまとめにするラップ。
ホームセンターのレジなどでも買った商品をひとまとめにするために使われてますね。
f0144724_18574745.jpg
ハサミを使わない、紐を縛る必要がないから、
まとめる作業もラクだし、道具1つで完結できるので手放せなくて!

だけど・・・いつもこの商品名が思い出せなくて、
在庫切れでネット注文したいときによく困っていました。
「ラップdeクルクルするやつ」じゃ検索しても見つからない・・・。

何度聞いても忘れちゃうので、こちらもラベリング。
f0144724_18595901.jpg
そう、ストレッチフィルム!
サイズ展開が複数あるものは、サイズも明記しておくと
次買うときに間違えずに済みますよ。
私は100mm×150mを愛用。

ラベリングは、うまく活用すると、
いろんな情報元になるんですよね。

みんなにも、私にも使いやすい職場をめざす小さな積み重ね、
つづく。



by takasago02 | 2017-01-26 19:52 | 職場の片付け
おそろいのソファー
こんにちは、中山です。

ご引越し後・・・
さいたま市のY様にお伺いすると、
なんと届いていました。
f0144724_21343841.jpg
実は色違いのソファーが川口モデルのリビングのもあるんですよ。
ウキウキ・・・後姿がとても素敵なんです。
そこは見てのお楽しみ。


by takasago02 | 2017-01-24 21:38 | スタッフダイアリー
ニーズのギャップ・・・
f0144724_21230487.jpg
こんにちは、中山です。

最近は住宅ローンに本当に詳しいお客様が多いですね。
貸出金利だけでなく、融資諸費用、団信の負担など、
事前にシュミレーションしている方もいらっしゃいます。

さて、よく感じるのが、
お客様と金融機関とのニーズのギャップ。

借りる側は少しでも負担を少なくしたい・・・
貸す側は少しでも高く収益をあげて
しかも貸し倒れリスクを抑えたい・・・

そのバランス次第で貸し借りが決まってしまう。

以前に審査金利の話をしたのを覚えていますでしょうか。
実際に借りる利率で融資の査定は行われないということ。

変動金利などは貸出金利が1%でも将来の変動リスクを踏まえ
審査する金利は3.5%と高めの設定。

反対に固定金利などは変動リスクはないので、
貸出金利とほぼ同じ利率で査定がされることが多い。

ところが必ずしもこの条件ではないところもあったりするんです。
35年固定金利1%なのに査定する金利は3.4%・・・なぜ??
金融機関は保全を優先したいんだなと思う一方で、
ブレーキをかけたくなる気持ちもわかるところ。

なんといっても、
史上最低の金利、金利・・・とにかく安い。
10年前は3%前後で推移していたのが今では1%を切っている現実。
2009年のリーマンショックを境に右肩下がり。

金融機関から見ると利息収入は約5分の1以下。
3000万円を35年ローンで計算すると、利息だけで1200万もの差がつく。

金融機関の競争が激しい・・・
そういつた中、建物の性能や収益面に目を向け金利を優遇する金融機関も少しずつ見かけます。
長持ちする家、太陽光の収益も収入の加算し査定するところ。
集まる顧客層にも少し気が付き始めたよう。

現実は厳しい・・・
ブレーキをかすぎるとお客様は他の金融機関へと流れてゆく・・・
やっぱり条件のよいところを探しますよね。

こんな状況なので
借りる側にとっては比較的有利な環境なのではないかと。

今年は家は決め時かもしれませんよ!

↓こちらもどうぞ↓
来年は決め時
ゼッチ
失火法
融資先を決めずに・・


by takasago02 | 2017-01-23 21:45 | スタッフダイアリー
木を見て森を見ず
こんにちは、中山です。

木を見て森を見ず。
小さいことに心を奪われて、全体が見通せないことの例え。

社会経験が浅い20代前半のころ、
この例えに置き換えた事を上司から厳しく言われていた。

日常生活においてもこの例えに気が付くことがあります。

家づくりでは・・・
家はもしかすると、森を見て木を見ずかもしれません。
全体が見通しができているように思えて、
本当の中身までわからずに購入していることも少なくありません。

色々とありますが、
身近なところでは、住宅ローン。

昔と今・・・
35年ローンを組んだ場合ですが、

利率が3%の時は、100万円あたりの負担は3848円でした。
今では変動金利で0.6%で対応するところもあり、
100万円あたりの負担は2640円と大きな差がある。

月々12万円で返済計画を組んだ場合、
利率が3%の時は、約3100万円でしか考えられなかったのが、
今では約4500万の物件で検討することができる状況。

固定又は変動金利にするのか、ライフプランによっても考え方は異なりますが、
以前と比べれば、1400万の価格差。

見えているようで意外に見えていない木の部分。


by takasago02 | 2017-01-22 21:41 | スタッフダイアリー
☆1/22完成見学会開催☆
f0144724_20450974.jpg
■ 1月22日完成見学会開催 ■

玄関を入ると広々とした土間・・・
2階にリビングがあり勾配天井のある大空間・・・

どこかで見たことがある。
川口モデルの30坪のモデルハウス・・・
高砂のモデルハウスに来たことがある方は、
一度は見学したことはあるはず。

同じようにプランを描いたわけではない・・・
事前にモデルハウスを見学したわけではない・・・

感性がどこかで一致した瞬間があったのだろう・・
お施主様はプロの設計士

必見です!!


by takasago02 | 2017-01-21 20:53 | スタッフダイアリー
1月22日は完成見学会
こんにちは、中山です。

1月22日は完成見学会・・・
川口モデルにある、30坪の2階リビングの家。

高砂のモデルハウスに来たことがある方は、
一度は見学したことはあるはず。

そんなモデルとイメージが近い。

同じようにプランを描いたわけではない・・・
事前にモデルハウスを見学したわけではない・・・

感性がどこかで一致した瞬間があったのだろう。
お施主様はプロの設計士



by takasago02 | 2017-01-17 19:04 | スタッフダイアリー