株式会社高砂建設の川口支店のスタッフのブログです。
by takasago02
LINKS
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
最新のコメント
最新のトラックバック
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

屋根の施工
家の断熱工法・・・

大きくわけると2種類、
柱などの構造材の間に充填する「充填断熱」
柱などの構造材の外側にくるむ「外張断熱」

次に考えるのが使う断熱材、
自然系の、セルロース
プラスチック系の、ポリスチレン、硬質ウレタン、フェノールなどの板状
発砲ポリエチレンなどの現場発泡
鉱物系の、ロックウール、グラスウールなど綿状

用途や家づくりの考え方によって、
各社とも色々と使い分けているところですが、

この断熱材、
なぜか、壁ばかりに目が向いてしまいがち。

最近は吹き抜けといった大空間の間取り、
小屋裏の有効利用といった、素敵な家を雑誌でよく見かけます。

屋根の断熱方法を間違えると、せっかくの素敵な家が
反対に住み心地が悪くなってしまうこともあるので、
プランも含めてよく検討しておくことが必要です。

夏場は屋根面の温度は壁面よりも高くなります。
冬場は室内の暖かい空気は高いところにいきます。

壁体内結露という言葉を聞いたことはあるかと思います。
では屋根面の結露は?

夏に小屋裏が暑くなる家は、
冬は水蒸気が発生しやすい石油ファンヒーターなど
を使うと、暖かい空気と一緒に水蒸気も上昇し、
温度差が激しい小屋裏で結露が起こる危険性もあるので注意が必要です。

お客様にどんな断熱方法をお考えになっているか
住まいの方向性について確認することも含め、
お聞きすることがよくあります。

屋根の断熱方法をお聞きすると、
どういう方法があるんですか?

と反対に質問が返ってくることが多いです。

部分的なところでなく、、
屋根、壁、基礎、と家全体がどういう断熱になっており、
どんな構造になっているか知っておくことが必要です。

屋根の断熱方法・・・
冬と夏に対する結露や遮熱、
プランによっては、快適性に影響するところ。
さらに、紫外線や雨風により
経年劣化はもちろん、万が一の雨漏りの危険性に対して
予防しておかなくてはならない大切な場所。
施工方法がどうなっているか、確認しておくことはとても重要。

↓高砂の屋根施工はブログでも紹介しております↓
8月21日予防対策(続き)

詳しくお知りになりたいという方は、
気軽にご質問ください。

高砂建設 川口支店 中山

by takasago02 | 2015-08-31 21:53 | スタッフダイアリー
宿泊体験
出かけるときに長袖にしようか?・・・
これから寒くなるのかな?・・・
夏はもう終わり?・・・

今週は、
そんな肌寒い日が多かったのでは・・・。

みなさん、こういう寒暖の差がある今の時期、
体調には気をつけてくださいね。

さて、そんな中、夏の宿泊体験は相変わらず予約がいっぱい。
しかし、今週は外の気温が低かったこともあり、

猛暑の宿泊体験、というわけにはいきませんでした。
しかし、こういう時期だからこそ、
貴重な体験ができるところもあります。

例えば、
湿度環境・・・
今の時期は気温が低く湿度は80%を超えている。
室内の湿度も高く、蒸し暑く感じてしまう。

もうひとつは、
寒暖の差・・・
寝る前はそれほど気にならなかった室内の温度、
朝方は外も急に気温が低下し、
タオルケットだけでは寒い・・・

それで、つい油断してしまい、風邪をひいてしまう。

住んでいて、こういう経験はありませんか?
そんな方、宿泊体験をしてみてはいかがでしょうか。
何か気が付くことがあるかと思います。

高砂建設 川口支店 中山

by takasago02 | 2015-08-30 22:33 | ご案内
お鍋とフライパン収納の見直しdeお料理をラクチンに。
こんにちは、川口支店のそめやです。
宿泊体験用にご用意している調理器具の収納を見直しました。

と、言うのも、最近ご宿泊いただいたお客様から、
「フライパンがあればよかったのに・・・」というコメントを頂いたのですが、
実は、フライパンはちゃんとあったのです。

IHの下にある大きな引き出し収納、
モデルハウスでは、食材のストックが無い分、
ゆったり収納することができる状況でした。
そのため、上段に鍋類、下段にフライパンというふうに
分けて収納していました。
f0144724_16054516.jpg

担当者がお客様に宿泊の説明をする際に、
下段にフライパンがあることを
お伝えしそびれてしまったのかもしれませんが、
同じ目的をもった道具たちを一箇所にまとめて収納していれば、
お客様が困らずに済んだはず。
ごめんなさい・・・!

とにかく、収納を見直し。
タテ収納にして、省スペースで、探しやすい、取り出しやすい収納を目指します。
整理収納アドバイザーとしては、もっともやる気スイッチが入るお仕事!


まずは、フライパン。もうおなじみの方法ですが、
無印良品のポリプロピレンファイルボックス(A4サイズ)を使います。
f0144724_16082362.jpg


ファイルボックス同士をダブルクリップなどで連結させておくと、
引き出しの開閉で動いたりしなくなるので、美しい収納をキープしやすくなります。
f0144724_16104875.jpg

次にお鍋。
両手鍋と片手鍋は、直径20cm弱。
これも立ててしまえ!と、
100均のシリコン素材のバスケットを仕切りに使うことに。
無印良品ふうのスッキリ半透明のものをチョイス。
f0144724_16142987.jpg

ただし、両手鍋の持ち手を上にすると、もう片方の持ち手が下になるため、
収納した時に少々不安定になってしまいます。
そこでひと工夫。
f0144724_16155091.jpg

鍋の持ち手と同じ高さのスポンジを下に敷くことで、
鍋が片手で立った姿勢をキープさせます。
横から見るとこんなイメージ。
f0144724_16162176.jpg
スポンジなら、鍋に傷がつきにくいし、
汚れたら洗えるし、乾きやすい、そして安価。
要らなくなったタオルなんかでもよさそうですね。

そんな感じで、もともと鍋を収めていた1段目の引き出しの中に、鍋もフライパンも無事に収まりました。
f0144724_16215092.jpg

引き出しを開けると、どこに何があるか一目瞭然に。

フタは、引き出しの一番手前側のバーに引っ掛けて収納することにしました。
フタを使う料理もあれば、使わない料理もあるので、
ここはあえて別々に収納して、調理の最中、使いたい時にサッと取り出せるこのポジションに。

引き出しを開けて横から見ると・・・
f0144724_16220516.jpg
引き出しの高さをめいっぱい活用しています。
空間を無駄にしないという狙いもありますが、
もっとも重要視したのは、調理中の立った姿勢で、
できるだけ腰を屈めずに鍋などを出し入れできるようにすること。

どんなにお料理好きでも、料理は体力仕事。
収納をちょっと工夫するだけで、体への負担は、グッとラクにできるものです。

今日は久々に収納ブログを書いたら、ちょっと熱く、長く語ってしまいました(笑)。
さいごまで読んでくださって、ありがとうございます。

さて、高砂建設の宿泊体験は、キッチンやバスルームも含め、家中の設備をお使いいただけます。
夏の暑~い時期、冬の寒~い時期は、家の性能を一番わかりやすいので、特におすすめですが、
通年受け付けていますので、ぜひご予約の上、ご体感下さいませ。

 ⇒宿泊体験&来場予約は、インターネットでも受け付けております。





by takasago02 | 2015-08-27 17:05 | シンプルライフ
メンテナンスの容易性
家のメンテナンス・・・

住宅は建てて終わりというわけではありません。
直射日光や雨風にさらされれたり、
シロアリに対する予防がであったり、
年数が経過すれば、何かしら手を入れる必要が出てきます。

そうしたとき、できるだけメンテナンスは容易で
あった方が、費用や手入れのしやすさなど、
色んな面で、何かと都合がよいところ。

そんな中、気になることがひとつあります。

住んでからコンセントを増設したいというとき。

たいてい天井裏の懐や床下から壁などを通して配線をしますが、
構造や、断熱方法が理由で配線が通せず増設が難しい。
ということがよくあります。

断熱材が邪魔だったり、横桟があったり、
構造材が邪魔で天井から配線が通せない、
というのが主な理由。やろうと思えばできますが、

断熱材を削る、構造材に配線を通す穴をあける、
それがだめなら、外壁に穴をあて外から通す、
壁もだめなら最悪基礎から・・・
さすがに基礎を考える人はいませんが、やろうと思えばの話しです。
こういうことを嫌がる方も多いので、
仕方なく、露出配線で我慢。ということもしばしあり。

最近は性能をよくするために、壁の中に隙間なく
断熱材を組まれることが多いかと思います。
いい面もありますが、
先々のメンテナンスはもちろん、
新築で施工する際も、注意が必要です。
コンセント本体周辺の気密が不十分だったり・・・

今のことだけでなく、
先々のメンテナンスの容易性、着目しておきたいところ。
外張り断熱の場合、層があるので、その点では容易。

たかがビス、されどビスもどうぞ→2015/08/02

f0144724_13551548.jpg
高砂建設 川口支店 中山


by takasago02 | 2015-08-26 13:53 | スタッフダイアリー
嬉しい言葉
8月25日15時・・・
職人さんが休憩している時間・・・

今日、外にいても涼しい・・・
それほど汗もかかないし、スポーツドリンクより、
違うものがいいかな・・・
そう考え、缶コーヒーを持参し現場に立ち寄る。

お疲れっす!
まずは、買ってきたコーヒーを渡す。

ちょっと教えてもらいたいんですが・・・

普段どんなビスを使っているのか教えてくれませんか?
見せてくれたのは、色の違う4本のビス。
f0144724_20144055.jpg

なんで色がついているのか聞いてみると、
用途に合わせて分かりやすいようにしてるんなだよ。

ねえ、これって錆びないですか?
試しに、外に置いてみてら・・・
普通のビスに比べて、よくできてるから・・・

ビスはどうしてんですか・・・
高砂ですべて指定されたものが現場に入ってくるから
直接買うことはないよ・・・

ねえ、今度お客さん連れてくるんで、
現場のこと色々と話してもらっていいですか。

いつでも連れてきな、
分からないことがあったら説明するよ・・。
突然来ても大丈夫だよ。

袴田大工

嬉しい言葉。

ということで、川口市木曽呂の現場・・・
構造を見たい方は、いつでもご案内できます。

気になる方は・・・
高砂建設 川口支店 中山まで。

by takasago02 | 2015-08-25 20:39
施工品質と性能評価
改まって言う話でもないのですが・・・・

私たち住宅を扱う者からすれば、
ごく自然に思うことでも

お客様からすると、
ええ?そうなんだ・・・
と、驚くこともよくあります。

たとえば、
第三者機関の検査・・・

検査は目的別に色々ありますが、
簡潔に話すと、

建築確認申請・・・
基準法で定められた最低限やるべきことなので、
必ず行われる検査。

設計性能評価・・・
設計図書の通り行われているかの検査。

建設性能評価・・・
建設中、完成段階で行われ、決められた材料が正しく現場で使われている
かなどの検査。

長期優良住宅・・・
メンテナンスなど長持ちする家になっているか。

☆余談ですが、
  人によって捉え方はさまざまですが、
  建設性能評価と長期優良住宅はセットが安心かと。
  決められた材料が現場で使われているかどうか、
  チェックが入るのでごまかしがきかない。

詳細などは割愛してますが、
たかさごは耐震3を基準に全棟、性能評価と
長期優良住宅に認定を受け施工の対応をしております。

しかし、第三者のチェックや性能評価を受ければ大丈夫なのか?
施工品質と性能評価では見るところが少し違います。

仕上がり具合だとか、現場の施工状況、整理整頓してあるか、
など、品質につながってくるところは、第三者機関のチェックでは目が
行き届かないところなのです。

木造でも鉄骨造りでも、工場で加工するユニット式の家でも、
大工さんなど職人なしで家は建てることが出来きません。

第三者機関が職人のチェックまでしてくれといいのですが・・・・
これは冗談話ですが・・・

各社の現場対応力次第といったところなのです。
複数の工事中の現場を見てまわるのも判断材料になるかと思います。

 ☆ちなみに、次回の構造見学会は9月6日
  さいたま市見沼区で予定しています。

工事期間中、一番長く仕事をしてもらう大工さん・・・
品質を保つ上で、とても大切。
高砂の大工さん

続く・・・

高砂建設 川口支店 中山

by takasago02 | 2015-08-24 21:14 | スタッフダイアリー
100名近いご来場ありがとうございました。
8月23日の完成見学会
おかげさまで、28組、総勢94名
のご来場を頂き、盛況に終えることができました。
f0144724_08324577.jpg
ご来場誠にありがとうございました。
ゆっくりとご覧頂けなかった方には、
この場を、お借りしてお詫び申し上げます。

ご来場いただいたお客様かからは、
とても参考になりました、という意見を
たくさんいただきました。

見学会の場を提供いただいた、お施主様には感謝
申し上げます。

また、会場のご案内でご協力をいただいた、
室井棟梁をはじめ、職人の皆様、ありがとうございました。

高砂建設 川口支店 中山


by takasago02 | 2015-08-23 19:54 | スタッフダイアリー
本格派
たこ焼き職人、
f0144724_224269.jpg
f0144724_22395081.jpg
f0144724_22411950.jpg
f0144724_224353.jpg
焼きそば職人、
f0144724_22402189.jpg
f0144724_22432910.jpg
学ぶ職人、
f0144724_22471743.jpg
食べる職人、
f0144724_22483867.jpg
賄い料理も作ります
f0144724_2254366.jpg
こだわりの高砂スタッフ、
蕨市中央一丁目旭町町会納涼大会で腕を振るう。
f0144724_22562175.jpg
8月23日(日)
引き続き、こだわりのスタッフ、納涼大会でお待ちしています。

高砂建設 川口支店 中山

by takasago02 | 2015-08-22 22:34 | スタッフダイアリー
担当棟梁がやってくる!

担当棟梁がやってくる!

完成見学会開催/8月23日(
AM1000~PM500
会場:川口市安行出羽3-10番地内
13時以降、
棟梁とお話しをすることができます。

実際に携わる職人さんに、
家のことを直接聞いてみたい思ったことありませんか?


普段聞きたくても、
聞いて大丈夫かな・・・
現場も忙しそうだし・・・
職人さんがどういう取組をしているのかも見極めるうえで必要なこと。


また、職人さんだからこそ、
「ここは知っておいた方が良い」という、現場への厳しいの意見など、

家づくりで大切なことを話しをしてくれると思います。


ちなみに、大工さん以外に、
ハウスクリーニング、左官職人さんも、
見学会のお手伝いに来てくれる予定です。
大工工事のことはもちろん、お掃除のこと、左官のこと、
気になることがありましたら、
私たち高砂の職人とお話しをしてみてはいかがでしょうか?
気軽に声をかけて頂ければと思います。

この機会、お見逃しなく。

f0144724_14204947.jpg


↑お家のイメージパース↑
(作/愛犬家suzuki
ヒノキで仕上げた、棟梁の手作り造作階段など
どんなところを気を配ったかなど、棟梁にお聞きください。

f0144724_08324577.jpg

※おかげさまで、すでに10組以上のご予約をいたいております。
詳しいご案内をご希望されたい方は、事前にご連絡を頂けるとありがたいです。

お問い合わせは 048-266-5511
高砂建設 川口支店 中山まで




by takasago02 | 2015-08-21 14:10 | スタッフダイアリー
予防対策(続き)
8月21日・・
9時30分、松伏で敷地を実測するためスズキさんと待ち合わせ。
中山、9時20分到着、
しばらくすると、スズキさん到着。
手元の時計、9時31分。

「遅くなってゴメンね・・」
早く到着し、ドヤ顔の私・・・(笑)

現場で実測を終え、その後は川口の現場に立ち寄りました。
気になる現場は・・・
屋根面の施工に入ってきました。
とその前に、再確認しておきたかったところ・・・
屋根のルーフィングの重ねがどうなっているか・・・
f0144724_19124537.jpg

基準では最低100㎜はとらなくてはなりません。
たかさごでは、200㎜にしています。100㎜にすれば、貼る面積も広がるので、
多少は材料費を抑えることにもつながるかもしれませんが、予防に努めているところ。
※ルーフィングの寸法は上下が1メートルなので、重ねはメジャーであたれば
すぐにわかります(上記写真)

☆余談ですが・・・

屋根のことといえば、目を向けてもらいたいのが屋根面の施工。
各社色々な考えで施工に取り組んでおり、
良し悪しについて一概に決めることはできませんが、
施工に対するひとつのあり方としては、屋根面結露や遮熱や断熱に
対しては気を配っておきたい重要なところ。

最近では、吹き抜けはもちろん、小屋裏などを部屋として利用すること
が多いかと思います。そうした時の小屋裏などは・・・
夏場は屋根面の温度を考えれば、室内がどうなるか想像がつくかと思います。
どんな家で、どんな間取りで、どう過ごしたいか・・・
室内の温熱環境は、その点を考えておくことが必要かと思います。

先日、お客様から屋根の通気についてわかりやすく教えてください、
との質問がありましたので、時系列で紹介させて頂きます。

上棟後、垂木を施工し野地板を施工(写真下)
f0144724_19190965.jpg
屋根面は断熱材を貼るためクリアランスがとられています(写真下)
※多くの住宅の場合、この後にルーフィング作業に入ります。
f0144724_19200351.jpg
断熱材の施工、この面が止水ラインとなるので重要なところ(写真下)
f0144724_19232269.jpg
さらに垂木が組まれます。屋根面通気層をとり、遮熱・断熱層を確保します(写真下)
f0144724_19245530.jpg
改めて野地板を施工します。墨だしをして、正確なビスピッチを決めます(写真下)
f0144724_19275432.jpg
ルーフィングの施工となります(写真下)
f0144724_19313932.jpg
家の快適さは大切なことは言うまでもないのですが、
万が一の雨水の侵入や、屋根面の結露による劣化・・・
予防に努めておきたいところなのです。

詳しいところは、おたずねください。

ヒノキを使えば安心→2015/07/01ブログ


続く・・・

高砂建設 川口支店 中山

by takasago02 | 2015-08-21 12:30 | スタッフダイアリー